年収250万円のパート社員でもプロミスで借りることができました

 

プロミスは消費者金融の中では最高金利の設定が低めになっているので、たくさんの人が利用しています。プロミスの実質年率の設定は4.5~17.8%になっています。消費者金融からお金を借りるために金利を調べたことがある人ならご存じだと思いますが、ほとんどの消費者金融が法定の上限金利である18.0%の設定にしています。なので、0.2%低くなっているというメリットは見逃すことができません。たった0.2%の違いくらい大した影響はないと考える人もいますが、返済期間が長くなると、この0.2%の違いの重さをジンワリと実感するようになります。

 

私自身、昨年からプロミスのカードローンを利用するようになった一人です。それまでは、カードローン自体に強いマイナスイメージを持っていたので、極力利用しないように頑張ってきました。でも、昨年、どうしても2日以内に40万円を作らなくてはならなくなり、清水の舞台から飛び降りるような思いで、カードローンを利用してみる決心をしました。

 

その際、どこの会社が運営しているカードローンを利用するのが良いのか、かなり悩みました。実は、私は年収約250万円のパート社員です。正社員のように身分保証があるわけではありませんし、250万円の年収は威張れるような金額ではありません。なので、銀行カードローンはハードルが高そうに感じられました。そして、悩んだ末に申し込んでみようと選んだのが、プロミスでした。

 

プロミスを選んだ理由はいくつかあります。まず、プロミスの審査は他社よりも柔軟だという話を聞いたことがあったので、年収250万円のパート社員でも審査に通過しやすいのではないかと考えました。また、私は三井住友銀行を給与振込口座にしていたのですが、三井住友銀行に口座を持っていれば、銀行の営業時間外であっても即日融資可能になるという点も有利だと考えました。さらに、30日間の無利息サービスがある点も大きな魅力でした。

 

かなり緊張して申し込んだのですが、あっけない程簡単に即日融資を受けることができたので、嬉しかったのと同時に、拍子抜けしてしまいました。